LUMIX G6はまだ使えるのだろうか

結論:使える。でも4Kが撮れるカメラが必要。

桜が咲いておりまして、公園で桜と鳥などを撮っていたら1時間半ほど時間が過ぎてしまいました。
ちょっとお昼ご飯を買いに行っただけなのに…帰ってきたのは14時。

桜と鳥(スタビライズ前)

NDフィルターを可変のものにして、LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6を引っ張り出して動画を撮ってみました。

パナソニック 望遠ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S. シルバー H-PS45175-S

ここのところ、単焦点だけで持ち歩いてました。でも、やっぱり寄れないところに自分の興味があるようで、ズームレンズほしいなぁと。
いや、手持ちのXレンズシリーズは一応動画用だった、ということを急に思い出して、撮ったら意外とよかった。

お散歩は手持ちなので、ぷるぷるぷるぷる。枝も鳥も手も動いている。レンズ内手ぶれ補正はありますが、ボディ内補正はないので、こんな感じ。

小さい画面で見てる分には平気だけど、大きい画面で見るとだんだんとゆらゆら(ああ、めまいが)

ということで、DaVinci Resolve でスタビライザーを掛けてみました。遠近の補正はなし(縦横と回転、サイズを解析)。

揺れがおさまった。ついでに咳払いもちょっと削除。
もちろん画面はクロップされてしまうのでFull HDよりちょっと落ちました。
仕上がりはFull HDでよいのですが、素材としては4Kで撮っておいた方がいろいろ使えるよね…ということで、次の機種を購入しなければなりません(´`)

パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス G9 ボディ ブラック DC-G9-K

LUMIX G6に比べると200g近く重いのです。
悩みますが、フルサイズのボディとレンズ各種を持ち歩くことに比べれば、やっぱり軽いんですよね。
軽さは正義。そしてボディ内手ぶれ補正もあるし。

LUMIX GF1→G3→G6ときて、G9。
LUMIX S5にチャレンジしたいけれど、それは、さらに次の段階ということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です