※注意※
この裏技はEchoの特定のソフトウェアバージョンでのみ発生しているバグの可能性があります。再現性については、我が家でのみ検証しているので、すべての環境で有効かどうかはわかりませんので、予めご了承ください。
(2020年5月6日現在)

2020年7月21日追記:昨日まではできましたが、今日は成功しないのでアップデートで”バグ”が治ってしまったかもしれません(我が家では)
2020年7月23日追記:再びマルチルーム再生できるようになりました(我が家では)

Amazon Echo Plus

おうち時間、いかがお過ごしでしょうか。
私は、いつも通り、ラジオを1日中つけて生活しております。もちろんTBSラジオで。

さて、本題です。

我が家ではこんな手順でradikoのマルチルーム再生ができてしまったので、シェアします。

※なお、2020年5月6日現在、公式には「radikoをマルチルームで再生して」のようなコマンドはありません。

①Alexa, Amazon Musicを「マルチルーム(※グループの名前)」で再生して

Alexaが「はい、お気に入りの楽曲を再生します」と応答して、マルチルームで音楽が再生されます。マルチルーム再生できる音楽サービスであればApple MusicでもSpotifyでも大丈夫だと思います。

※グループの名前:マルチルームのグループの名前は自由に設定できますが、我が家では「マルチルーム」という名前です。ここは再生したいグループの名前に置き換えてください。

全部のスピーカーから曲が流れている状態は止めずに、そのまま次のコマンドを言います。

②Alexa, radikoでTBSラジオをつけて

Alexaが「radikoでTBSラジオを再生します」と応答して、radikoが流れはじめます。ただ、スピーカー同士で流れるラジオの音が同期するまでに、音が止まったりしますが、10秒ぐらいで全部から同じ音が流れます。

たぶん。

ということで、どうぞお試しください(´`)

●雑談●

そもそも、4月の終わり頃、朝目覚めて「Alexa, TBSラジオつけて」(通常”radikoで”を省略しても再生される)と言ったときに、「Apple MusicでTBSradioを再生します」とおかしな反応をしたことがはじまりです。

その謎のT.B.S.radioというアーティストの音楽を聴きながら、「もう…radikoでTBSラジオをつけて」と言い直すと全部のスピーカーからradikoが鳴り始めました。

何度かテストをしてみましたが、同じスピーカーに対して上記のコマンドを続けて伝えると、マルチルームで再生されるような現象がおこることがわかりました。

音楽ファイルがすでにあるApple MusicAmazon Musicとは違って、radikoのバッファが十分ではないため(15秒分ぐらいのデータ)、ごく稀に音声が止まることがあります。その時は、スピーカー同士が同期をとりあうまで「この番組は・・・・」「・・・・この番組は」と山びこ状態になりますが、すぐに同期して数時間でも問題なく再生できています。

途中でAlexaへ話しかけたときや、一部のスピーカーの接続が途切れた時、同期のための挙動が数秒間あります。その影響で、本来のAM/FMでの放送から1分半〜2分の遅れとなっていくようです。

注意点としては、①と②を別々のスピーカーに対して指示したり、②のコマンドで「radikoで」を省略するとうまくいかなかったりします(radikoは再生されますが、1台のスピーカーだけの再生になってしまう場合が多いです)

しかし、どうもバグっぽい挙動というか、裏技みたいな方法なので、Echoのソフトウェアがアップデートされると、いつのまにかできなくなっちゃう可能性もあります。

そもそもradikoのスキルで公式に対応してくれるとありがたいのですが?(´-`)

っていうか対応しなくても、このバグみたいな状態を塞がないで…と願うばかりです。

この機能は絶対必要。

ちなみに、

Echo (エコー) 第3世代 – スマートスピーカー with Alexa、サンドストーン

Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール

Echo Dot (エコードット)第3世代 – スマートスピーカー with Alexa、チャコール

この3台でマルチルームしております。

Written by Coga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です