SugarSync悪いサービスじゃないんすよねん。同期できる台数の上限もなく、ファイルの過去バージョンも保存される点はDropboxと同じ。違うのはディレクトリが固定ではないので、同期する範囲を管理できて、構成の違う環境でも違和感なく使える。

Dropboxともども、空気のような使い勝手だと思う。

国内の代理店(ハードウェアメーカー、インターネットサービスプロバイダー)および弊社(BBソフトサービス)からお申し込みいただいた無料5GBプランについては今回の対象となっておりません。
[SugarSync日本]

ということで、日本版のサービスはしばらく無料版も継続されるようで、米国版を使っている人に限ってのこと(2010年12月13日以前からの人が多いのかな)。そうなると3年以上使っているのだなー。

それぞれ無料版には上限があるので、いくつものクラウドサービスを利用しているけれど、同期用のアプリを複数立ち上げているので、それが多少パフォーマンスに影響しないとも限らない。

CreativeCloudをインストールする際に、SugarSyncがじゃまをしてしまうことがあったりもするけれど、そのAdobe CCにもファイル同期機能があったりする。

そうすると、一つ同期用のアプリをまとめることが出来そうなのだなぁ。

SugarSyncの日本版に再登録して5GBに甘んじるのか、もしくは、75%OFFという破格なオファーを受けて一年間ぐらいは有料登録して60GBを利用するか…、Adobe CCの20GBを正式に利用してみるのか。

まだ決めていない…。

Written by Coga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA