Softbankないのでありますよ、電波が、意外に。これは実家@都城の自宅での状態。

そもそも、携帯の電波強度表示は調整できるもののようなので、3本だからどうだ、1本だからどうだ、ということはなかなか比較できないのですが、Softbankの電波でのiPhone 3GSはこんな感じ→。

ただ、この電波ゼロ状態だと何ができないか、というと通話では特に問題はない。一旦切断して(例えば機内モード(AirPlane Mode)とかで)つなぎ直すと、表示はフッと復活する。

想像ではありますが、自宅に帰るまでにつかんだ基地局からどんどん遠く離れた状態なのかなーと。つなぎ直すと、改めて近くの基地局につながると。

基地局の配置がきめ細かいと、そういう問題が目に見えることはないと。果たしてauに変えたときにどうなるか…。ちゃんとつながるのかなぁ。

auの基地局のアップグレードで、基地局の混み具合情報を共有して、通信が空いているところにつながるようにできるらしい(記事)。来年春以降ではありますが、そういうところにちょっと期待。

Softbankも電波状態については認識しているとはいえ、地方に関しては増強される可能性はあまりないだろうなぁと。改善要望を出してもどうなったのか?はよくわからないまま。自宅は最近、圏外状態になることもあるのでエリアすれすれなのか、基地局の割に利用者が多いのか…。

もちろん、電波の種類(1.5GHz)というのは他社のエリアを越えられない原因となっているのかなと。SoftbankのUstを見ながら書いているところですが、やっぱり700MHzや900MHzの獲得…ということを言ってますし。しかしながら、そのエリアが展開されるのはちょっと先。となると今のうちはauにしておこうかなと思うところです。エリアが広がれば、変えればいいと。

Written by Coga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA