fstream.png

iPhoneでネットラジオを目覚ましに設定して4日目。
この2日間は、ネットラジオに接続エラーとなって、「リーン」という目覚まし音が鳴っている事態(WakeUpMeの機能として、ラジオがエラーの時になる音)。

 

なぜそんなに接続が途切れてしまうのか・・・。調べてみると、iPhoneのスリープ中は、Wi-Fiは切断しまう仕様らしい。めざましより前には使ってないわけだから、Wi-FiはOFF。めざましをならす時に、Wi-Fiの再接続が間に合わないと、ネットラジオに接続できないままになって、エラー。

これはめざましだけでなくて、右のFstreamでWi-Fiをつかってラジオを聞いていても、しばらく操作がない場合にはおねむの時間になったらスパッと切断されてしまう。Wi-Fiから3Gモードへの切り替わりで、再接続機能がうまく働かない限りは、コネクションも切れて音が止まる・・・。

これではちょっとネットラジオの端末としては使いにくい・・・。というか、そういう使い方が想定されてない・・・と思う。

アプリ側の工夫で回避できるのかもしれないけれど・・・。そういう工夫の余地が、Appleによってふさがれているのなら仕方ない。

– – –

iPhoneを使い始めて2週間。やはり癖はあるもので。
Memory Statusなどのアプリは、3GSでは必要ないかなと思ったのだけど、今日は初めて、メインの機能であるiPodが固まっていた・・・。そういう姿を見ると時々再起動してあげたり、しないとだめなのかな。

Written by Coga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA