macの表示ウェブでフォントが(選べる範囲はまだ広いとは言えないものの)意図したとおりに表示されるというのは、やっぱり気持ちがよいな〜とは思うのですが、ブラウザによって表示にばらつきがあるのは予想通りと。

Mac上では、CSS3でWebフォントに対応しているSafari、Chrome、Firefoxという新興ブラウザだけでIEがなく、OSそのものがアンチエイリアス表示が標準的なので、表示できるフォントが増えて純粋に表現力が上がったな・・・というのを実感できました。

同様にWindows上でも、ChromeやSafariであれば比較的なめらかに表示されるのですが、FirefoxとIEではちょっと雰囲気が違って、ギザギザ感が漂います。

win.PNG

縮小すると汚く見えないので原寸ですが、太さが細くなったり太くなったり。乱暴に削った鉛筆のようになってしまう。ギザギザの限度をちょっと乗り超えちゃった感じです。

デコもじというサービスの欠点というわけでなく、IE(ひいてはWindows)がフォントをなめらかに表示するということがそもそも得意じゃない・・・という理由なので、今後状況はかわるのかもしれませんが。

サービス開始からは浅いとはいえ、これを使っているブログなどをあまり見かけないのは、メジャーなIEでの表示がそれほどきれいじゃないということが大きいのでしょうかね・・・。「ブログの表示をかわいくしたい」というようなニーズに応えるには、もっと表示品質が高い方がいいのですが、それは可能なのかな・・・。

Written by Coga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA