はて。なんだか方向性は決まったみたいです。

マルチメディア放送:事業者にドコモ陣営選定 電監審が方針[毎日.jp]

最初から決まってたんじゃないのーという噂もあったりなかったりですが、公開実験にまでは至ってないドコモ陣営が選ばれることになったようです。バックに付いている会社も多数&既存メディアということもあるんでしょうか。そのあたりから筋道がついていたような気はします。

MediaFLOの方が実証実験もしているのですが、正式にマルチメディア放送が始まるのは2年後ぐらい。そのときまでに、現時点での技術が枯れてくるのと同時に、より優れた技術を何か取り入れる余裕がある、と考えることにしましょう(もう固まってるはずだけども)。

ドコモ陣営に付いている既存メディアがコンテンツ提供元になるようなので、新しい情報ソースになる可能性は小さくなりましたね。

テレビやラジオは新聞社が生み出し、マルチメディア放送はテレビやラジオ局が生み出す。密接に絡み合い、似たような切り口の記事・ニュースでだなーと。そこは残念ですが、ネット情報などをうまく取捨選択できる人が増えれば、自然と報道の姿勢も変わるのかも。

2年後には東京スカイツリーから電波が出るようですが、そもそもマルチメディア放送って流行るのかなと・・・。さらには、コストを下げるところばかりに目を向けてると(今のテレビがそうですが)、使いやすさとかコンテンツがおろそかになって、違う方向に行くような気もしたりして。

Written by Coga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA