KDDI、LISMOで民放FM52局が聞けるサービス[ケータイWatch]

p_sanko_01.jpg安いじゃないですかー、と思うのですが、twitter上での反応は様々なようで。

金銭感覚だとか、もしくはラジオに対する愛情は、人それぞれなので仕方のないことだとは思いますが。

ラジオを聞くためだけに「ゆうせん」に4年間加入していた前科がある男としては、315円なんて安いものです。ゆうせんは月6000円。「1日コーヒー1杯程度ですよ」って言葉にコロッと・・・今思うとちょっと高かったかも。今なら加入しませんが、充実したラジオ生活でした。

ゆうせんは全国に首都圏のAM局、FM局を配信していたのですが、ラジオ局に無断だったりしたので現在では一部FM局のみ。そのFM局もCMなしの放送になっているようです(衛星経由で配信されていたものと同じ)。

今回のFM局も、CMがどうなるのか・・・はそれぞれで対応が違うみたいですが、CMを流さないことによって、他エリアの放送の営業範囲を侵害しない・・・という意味合いもあるので、それはそれで仕方のないこと。

radikoは営業区域内でCM付きで放送をすることで無料配信、LISMO WAVEはCMは基本なし(まだわかりませんが)、一部番組は配信しないという条件で全国配信というか。なので、radiko全国配信の足がかりにはならないような気もしたりして。

315円が高いかどうかですが、1局あたりにするとたったの6円/月ですが、100万人の利用があれば配信コストはカバーできそうです。

また全国のFM局の共同事業ではありますが、同時にお互いがライバルになるわけで、番組内容が少し変わってくるかもしれません。アクセス数に応じて料金が配分される・・・ということはないと思いますが、数字は出てくるでしょうから。

TOKYO FMの系列局(JFN)は大抵ライバルがNHK-FMだけで、JFN系列の番組が中心になっているので、地域色も独自色もない・・・となるとどうなのかなと。小林克也さんが「地域の特色といっても、(番組は)一人のもの。自分らしさを出して、好きなことをやればいい」と言ってますし、ぜひ独自番組を充実させて欲しいなぁ。

そのうち、LISMO WAVE対応の携帯に機種変更するような気がします・・・。

Written by Coga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA