これ、正しい歌の節に乗せてもらえるのかは不安です。
(「白い色は恋人の色」by BETSY&CHRIS )

どうやらそうらしいです。電気を消すイメージで「暗い方がいい・・・」と思うものですが。ただ、液晶のタイプによって違うみたいで、ノートパソコンで多く使われるTN液晶は白の方が節電、テレビでよく使われるVA液晶やIPS液晶は黒の方がいいらしい。ということで、このページも青ベースから白になってます。あんまり説得力はない話で、申し訳ない。

気合いを入れて黒を表示しているTN液晶の場合には、白の時はあんまり力入れなくてできる、というだけで、OFFにした方が一番電気を使いません。・・・というと元も子もないので、ワットモニター↓でMacBook Pro 15″の消費電力を測ってみました。

SANWA SUPPLY ワットモニター TAP-TST8

SANWA SUPPLY ワットモニター TAP-TST8

普段のメールやネットを見るとか、こうして文字を打つような場合には、30W〜40W程度がピーク・・・とか書いてたらradiko聞いてました。

この状態で、モニターが節電モードでOFFになると20W程度。Magsafeがうっかりスポーンと抜けたときは0W。

スリープ時も1〜2W程度消費してしまうので、休止状態にするのがベスト(修正:スリープ中の数値「10〜20W」を「1〜2W」に)

Macの場合は「休止状態に明示的に切り替える」ことが難しいので、DeepSleepのようなWidgetを使うのもよろしいかと。ただし、十分にバッテリーが残ってない状態で、1ヶ月に1回ぐらいは復帰に失敗することがあります。

ま、覚悟だけはしておいてください。・・・っていうかデータの保存はしておきましょう。

– – –

次のMacOSX 10.7 Lionでは、再開機能があり、作業途中のまんまを保存して電源を消しても再起動するとそのまま戻ってくる・・・ってなことができるようになる見込み。それにかなり期待。

Written by Coga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA