ごくごく限られた環境だけで起こっているらしい「CSSや画像の読み込み不具合」。症状の出方を考えてみる。

  1. 画像やYouTubeの大量読み込みで起こる。
  2. Operaと同時に起動していると大丈夫。
  3. Flash Pluginがシステム標準のままだと起こりにくい

ということが見えてきたので、原因は「Flash Plugin」ということが仮定できるように思う。

1番に関しては、YouTubeがFlashベースであるし、2のOperaと同時起動であれば自ずとFlash Pluginは共有している、3はまだFirefox3リリース後には試していないけれど、なぜかFlash Playerがアップデートされたころに起こるようになったような記憶がある。

flashplayer_100x100.jpg

この仮定を証明するために、Safariを背面で起動している。Flash PluginがFirefox以外で呼び出されれば問題が起こりにくいと分かれば、解決法が見えてくるかもしれない。

他のブラウザでは起こってないのだから、Flash Pluginに問題があるとは言えないけれども、Mac版のプレイヤーは重かったりCPUがブンブン回ったり、安定しているとも言えないので、改善を希望したいところ・・・。

※追記:Safariを背面起動した実験は失敗。ただ、Operaを先に起動して終了させたので、それも関係あるかも。・・・ってもうわけわからん。Flash Playerをはずしてテストしてみようか。

※追記2:別のMacでSafariを背面起動した実験は成功。かなり限定的な条件なのかも。注意点は、(1)Safariを何よりも先に起動すること、(2)SafariもFirefoxも終了させないこと(終了せざるを得ないときは、システム全体を再起動する)、(3)Operaを起動しちゃったら、Operaを背面起動。

※追記3:Safariの場合は、確実性が低いらしく、一度成功した環境でも、次は失敗してみたり。何かが違うんだろうけれど、まぁここらへんをずっと努力しても解決にはつながるまい。

Flash Playerを安定して読み込ませる方法を見つけることが鍵なのかも?

↓頭の整理↓なので文章は不整理。

【1】

YouTubeで大量のページをタブ表示させると再現されやすいらしい(Windowsでも)。

ただ、こういう使い方の人は少ない。

自分の場合は、2〜3時間で同様の症状がでるけれど、Web制作者なのでなんどもページを再読込させたり、あちらこちらのページをバサバサ開いていくという使い方。

つまり、上記のような使い方ではなく、ほんの数分ウェブブラウズしてすぐにパソコンを終了してしまうような状況ではこの症状が出ることがないだろうし、気がつかれない可能性の方が高いのかもしれない。

【2】

Operaを先に起動しておくと、症状が起こらない(2日前後)。ただ、Operaを終了させるとすぐに症状が出てしまう。ただし、Operaを起動しっぱなしにしていても、Firefoxを終了後2回目の起動ではその神通力も効かなくなる。

この場合は、共通して読み込んでいるプラグイン、ライブラリやフレームワークか何かが、Operaが起動している間だけ安定しているのではないかと仮定できる。Dreamweaverを起動している時も同様の効果があるけれど、描画エンジンがOperaベースだからかも。Carbon Frameworkあたりを使う別のアプリを起動してみたけれど、これは全く効果なし。

【3】

以前、一時的に効いた方法は、Flash Pluginのオーナーをシステムに変更すること。ただし、Firefox2ではちょっと長持ちした程度。Caminoではほぼ落ちなくなった。

また、Firefox3でもFlashプラグインを読み込まない設定にすると、やはり症状が起こらない。とはいえ、Flashを使用したページは一切見ることができないので現実的ではないし、単にキャッシュにFlashが読み込まれないことで、キャッシュの負荷が減って症状が出るのが遅れている可能性もあり。

Written by Coga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA