ブラザーの旧名MyMioが突然に故障。プリンタとしてスキャナとして、そしてコピーとして使える複合機だったんですが…。Amazonの購入履歴を遡ってみると、約2年でした。12,000円ちょっとで購入して2年、1か月500円。

故障内容としては、スキャナのキャリッジと呼ばれる読み取りユニットが本来あるべき場所に戻れなくなってしまったようで、びよんびよんとうなり声を上げて「スキャナに異常があります」と出すわけです。これでスキャナが使えないだけであればよかったのですが、スキャナを含めシステム全体が正常起動しない限り、すべての機能が使えなくなるのが複合機のようで。

はぁ…。ためいき。

モノを大切に…と思えば、故障箇所を修理して末永く使いたいのですが、修理代金は本体代金を上回るのがこの世の常(なぜ?)。
新しい機種に買い換えるのが手軽という状況です。

プラスチックの塊ではありますし、スキャナやプリンターは他の機器にくらべると隙間の多い機材なので大きさの割には軽かったりしますが、処分をするとなると気が引けます。

が、買い換えます。

お気に入りのBrotherを再び選びます。

印刷の質の「それなり感」には定評のあるBrotherですが、日常使用にはまったく問題がなく、インクカートリッジの持ちが良く価格も良心的。スキャナで紙資料を取り込むということが多い人にはADFは便利で、Scan Snapを買うほどでもないなぁという人には手頃な「第3の選択肢」かもしれません。

今回のようにある日一部が壊れて使えなくなるというリスクはあるのですが、稼働する部品の多いプリンターやスキャナを例えば5年間メンテナンスフリーで使い続けるのはなかなか難しいような気もしますし、すぐに買い換えできるこの時代、あまりリスクでもないのかしらと。

しかし携帯電話のキャッシュバック共々、しょっちゅう買い換えるプリンター商売ってのも、なんだかな、と思うんですが。

Written by Coga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です