実家用にMG6130を購入してみました・・・。

ところが買って開梱してさぁヘッドを取り付けましょうぞ!と思ったら、内部のどこかがひっかかって「ギギギギギー」という音を立て電源を何度入れても「トラブルが発生しました」の表示に・・・。あまりこういう経験はありませんが、でっかい箱をもって再びお店に出向いて・・・交換してきました(疲)。

Canon インクジェット複合機 PIXUS MG6130BK 光でナビする新UI 6色W黒インク 自動両面印刷 前面給紙カセット 有線・無線LAN搭載 ブラック ハイパフォーマンスモデル

Canon インクジェット複合機 PIXUS MG6130BK

さて、色はシルバー。黒の方が大きく見えるというか、存在感がありすぎたので、親の「シルバー」の声で決定。
ただし、店頭で両方を見比べると・・・という話なので、実際はブラックモデルを家に設置しないと、その違いはわからないですよー。

以前、MP620を使っていたんですが、それよりは高さが低く感じました。でも調べてみるとたった3mmなので、デザインの工夫かも? プリンタ部もスキャナ部ものぞき込んでみると詰まった感がありますが(・・・それがメカニカルな問題を引き起こしやすいのかもしれませんけどもー)、天板部分はかなり薄くなって黒いのでこれが低くなったように感じる理由かも。

MG6130の天面

その天面にウリであるタッチセンサーのボタン。光る姿は未来的でかっちょえー。しかし・・・上にちょこっと取説を置いてしまって、さてさてと「すりーっ」と動かしたらピアノブラックな面に傷がついてしまいました・・・。

開梱時に貼ってあるビニールフィルムをはがして、そこに現れるピアノブラック系の質感はよいのですが、ビニールフィルムをしなければ出荷が心配なら、傷の目立たないコーティングをしてほしいような気もしたりして。

– – –

選択のポイント。実は今回のモデルから、インクカートリッジが小型化して、インク代が結果的に高くなっているという噂もあり(数も増えてるんで・・・)、ラインナップの機能差・価格差が妙だなという部分もあり(MG5230とは価格がほとんど違わない)という悩みどころはありましたが、接続に有線LANも選べるところや、スキャナの性能差で選びました・・・。結局今年のモデルの中ではMG6130がコストパフォーマンス最高なのかも。というか、売り上げ1位になるのは、それしか選べないようにしているとしか思えない。MG5230ってのはなんなんだろう。

選択の理由に有線LANとかいいながらも、実は無線LANで使ってます。802.11nに対応したことで、MP620のような「出力はお茶を飲み終わったぐらいか?」と感じるほどの遅さはなく、スキャンもスムーズ。少なくとも802.11nの無線ルーターを持っていて、無線対応のプリンタがないとか古い802.11gにしか対応してないという場合は変えると、変わるかも。設置場所も自由度があがりますし(802.11nは距離もちょっと長いので)。

ということで満足度は☆☆☆☆かなと。5つ☆でないのは、本体とインクの価格。インクで儲ける前提の商売なら、本体をもーちょっと安くしてほしい。あとはもっとダイエットを。

Written by Coga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA