パソナのビル

同じマンション内で引っ越して1年が経過しました。最上階角部屋から1階下の中央の部屋に。
屋上と壁面に接している部屋(壁面は北西向き)だったので、夏になると天井や壁が常に熱を持っていて、これが寝苦しい夜の原因だったと思います。
現在の部屋は天井は最上階の床面、両サイドは部屋、日光が当たる壁面は南西のベランダ面だけ。

確かに、窓が少なくなるので暗め・・・というデメリットはありますが、窓があるということは、冬も熱が逃げる or 入り込む余地があるということ。特に北西面は北風吹きっさらしなので、暖房しても暖房しても、熱が逃げていく感じなのかもしれません。

ということで、マンションの引っ越しを考える時、最上階は上で足音がしないとか、日当たり良好とか、メリットもあるものの、エネルギー的にはデメリットもあるんだぞう・・・ということを肝に銘じたいと思います。・・・とわざわざ言うぐらい、ずっと最上階に住んできました・・・。

さて、最上階に住んでいる時は、なんとかならないかなと思ったものです。日光がサンサンと当たるのなら太陽光発電できるんじゃないかとか、屋上緑化すればきっとこの暑さが変わるはずとか、壁にツタでも這わせれば・・・とか。

でも、賃貸・・・。それは難しい相談。でもいずれは・・・そういう家にしたい。

SUNTRY ミドリエ

屋上緑化や壁面緑化で難しいのは、土。屋上は重さに耐えられないし、壁面では土が落下してしまう。ということで、パフパフの土=パフカルがあるようで、軽いのでそういう問題が解決。保水性もあるので、水やりも楽。

残念ながら、パフカル単体で一般向けには販売していないのですが、それを使っているのがミドリエ。観葉植物を壁に設置できるようなセットになってます。とにかく土を家の中に置くのは倒しちゃったり、管理が難しい気がしていましたが、壁なら邪魔にもならないし、白一色の単調な風景が変わるかも・・・。

あとは自動水やり or 遠隔水やりシステムがあれば・・・。

※注:横着でなく、数週間家を空けてしまうような時があるので・・・。

Written by Coga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA