♪zero〜も全部取って、やや浅めのコメントを全部飛ばしながらみると効率的だなと思うことがしばしば。NEWS JAPANが30分番組でないことが、残念でならない、日々です(もちろんニュースの内容が不足していることを憂いているのではありません)。

で、とにかく8局8日分のテレビ番組を全部取ってしまう機器が登場。vaioにもそういうコンセプトの商品はありましたが、値段も同じぐらいで、アナログのみ対応のところも似ている。でも、番組表情報だけではなく、別途詳しい番組内容やCMのメタデータを配信することで、あとから探しやすいという仕組みになってます。

what_is_spider8.jpg

なんだか、ちょっとした空気清浄機のような機械を設置するだけで、溜めておけるのは面白そう。10万円以下で売っているレコーダも2番組同時録画ぐらいはできますが、さすが8番組だと4台必要なわけで、その点でもSPIDERはお得かな。

無駄に思えるけれども、予め番組表に目を通し、「今日どんな番組があるかを把握」というのが面倒。おまかせ録画機能も完璧にはほど遠い。そして、番組放送後に「面白かったよ」と聞いてもすでに遅いのであります。

– – –

個人用とはいえ、価格はなかなか。そのお値段で得られるものはテレビ中毒ではない人には少ないのかなぁ。ハードディスクの容量というところもあるし、8番組を録画するためのチューナー、エンコーダというのがそれなりの価格の理由だと思われます。

地デジにも対応してないのだけれども、2番組撮れる機器でも15万弱(しかもエンコーダは1つしかないものがほとんど)なので、対応させるとかなり大変なことになりそうで。1GBで5時間撮れるワンセグなら8局8日24時間で500GBぐらいあれば十分そうだけど、なんか違う。ラジオ版もあると面白そうだけど、聞くのも大変だろうか。

著作権上は、ひとりひとりがこういった機器を購入しておく以外には放送後に見る方法はないのだけど、法律と放送局の考え方が変わってオンデマンドで配信されるようになれば、皆が放送される番組の時間にあわせるという常識が変わって、またこの手の商品も必要でなくなってしまうかも。

ダビング10などという小手先の方法で、視聴者を宥めている程度の段階なので、少なくとも日本においては遠い未来の話だと思いますが(その前に、放送というシステムが崩壊しちゃうんでしょうけど)。

Written by Coga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA