hulu長らく考えあぐねて加入。サービス開始からもう2年も経ってた。

 

日本上陸から約2年、Huluが築いたシンプルでわかりやすいVOD–日本代表マリーニ氏に聞く[c|net]

作品もかなり増えて、過去の日本のテレビ作品も見られます。局の偏りは仕方ないものの、ニーズはあるように思う。スカパーなどで地上波局がチャンネルを持つようになって、地上波のドラマ再放送はかなり減った。

とかいう自分は、日本のドラマより専ら英語圏のドラマばかり見ている人だけれども、スカパーの各チャンネルを録画して追いかける…ということに疲れ、最初から見なければ追っかけなくてもいいんだ…という消極的な方向に進み、スカパーを解約して、地上波とBSとスカパー無料日に見られるものだけで過ごすようになりましたとさ。

月額料金を払ってるものだから無駄にしたくないとおもしろくない番組を我慢してみることもなくなったし、これで、年間5万円弱が浮いてしまったのも事実。

とは言うものの、地上波だけでなくBSでも、英語圏のドラマの放送は減っている。今はDVDも先行で発売されているので旬が過ぎてからの放送……すらされることなくってる。24みたいなのはかなりレア。ということで、耐えきれずHulu。というか体験してみようかHulu。

ここ3〜4年見る機会のなかった番組や、途中まで見ていたけどスカパー解約で見られなくなったもの、そのあたりが貯まってるということもあってか、あまり見る気がしなかったら、お試しだけでやめてしまおうと思って加入してみたけど、結構見ている。

米国版にあるようなCMが放送される無料バージョンはないけれど、CMもないのはやはり気分が途切れなくていい。
もちろん、米国版のように昨日放送された最新ドラマがすぐにアップされる状況ではないし、歯抜けで配信されているものもある。このあたりも、DVDやテレビでの放送権利の関係だけど、いずれは変わってくるんだろうか。

そして、吹き替えでの配信はかなり少ない。検索したら最近の作品だと「ビッグバンセオリー」「華麗なるペテン師たち」、旧作だとER、ジェシカおばさん、バフィ、エンジェル(一部吹き替えではないものもある)。

あー、ジェシカおばさん久々に見たいわー、ビッグバンセオリーも途中のシーズンまでしか見てないわー、が加入のきっかけなので、これを見終わると…ん。

吹き替え対応のものも、全部ではなく字幕配信のものもある。ジェシカおばさんの場合、森光子の江戸っ子口調で喋るジェシカ・フレッチャーはシーズン3まで、シーズン4からは字幕らしい。それでも、アンジェラ・ランズベリーの声によく似ているので、違和感はなさそうだ。

よく知った作品なら、英語字幕で見るのも結構好きだ。そういう用途と思うと、かなり得かも…と思ったけど、吹き替え作品には英語音声や字幕がなかったりするし、英語音声の作品でも必ずしも英語字幕がついているわけではなさそうだ。

Written by Coga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA